過払い金請求について

2007年以前に、消費者金融から借金をしていた場合、利息を支払い過ぎている可能性があります。
2007年まで、消費者金融は、法で定められた20%を超える29.2%の金利を採用し、利用者に請求をしていました。

この29.2%というのは、出資法の上限金利で、当時、この金利を採用しても罰則はなかった為、消費者金融はこの29.2%の金利を採用していました。

この20%から29.2%までの9.2%の金利がグレーゾーン金利と呼ばれていたものです。
2006年の12月に法の改正があり、それ以降は消費者金融も20%を上限とするようになりました。



そして、それと同時に、過去に20%以上の金利を支払っていた場合、その金利分の利息を取り戻す事も出来るようになりました。

これが過払い金請求です。



ただ、グレーゾーン金利が採用されていた頃に消費者金融を利用していても、当時の資料が手元にない為、過払いがあるのか分からないという人も多いでしょう。



そんな場合は、消費者金融に開示請求をする事で、当時の取引履歴を確認する事が可能となっています。

個人でも可能ですが、自信がない場合、弁護士等の専門家に相談をしてみると良いでしょう。
そして、過払い金があれば、実際に業者に返還請求をしていく事で払い過ぎた利息を取り戻せる事になります。

この手続きには時効があり、完済をした日から10年経過をすると、過払い金は取り戻す事が出来なくなります。

ですから、早めの行動が重要になってきます。